人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)でも可能なバイトには、工場での仕分け作業やスーパー(近年ではセルフレジを併設しているところも増えました)の棚卸しなどがあります。このようなお仕事であれば、人と接することが少なく、集中力(個人差はあるものの、人間が集中できる時間は15分から30分くらいだといわれています)だけで仕事できるでしょう。でも、バイトといって、ひとりで働くわけではないんです。どのくらいの職場でも必ずといっていいくらい、人間関係が存在していらっしゃるかもしれませんね。バイトであったとしても責任は存在しますし、仕事に対して連携を取らなければ、ミスに通じる事となるのです。また、人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)を克服したいのであれば、逆にコンビニやファミレスでバイトをするのもオススメでしょう。その理由は、コンビニエンスストアやファミレス(手ごろな価格帯のメニューが豊富に揃っています)でのバイトなら、接客業でもお客様と会話(ほとんどないと、熟年離婚の原因にもなりかねないでしょう)する事が少ないからです。人と会話(コミュニケーション力と言い換えることもできるかもしれません)するように避けていては、人見知りがどんどんひどくなってしまうでしょう。適度に人との関わりを持ち、人に慣れることにより、人見知り(最近では、自称人見知りの人も増えているようですね)であることを意識(高く持たないと成長できないといわれています)しなくなるのかもしれません。人見知り(最近では、自称人見知りの人も増えているようですね)でも出来るバイトを探すよりも、自分が興味(色々なことに持てるのはとてもいいことだといわれていますね)を持てる仕事を探す方が継続することで続けようといった気持ち(その時々で変化していくものです)になれると思っています。仕事を行う事にたいする意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)を、人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)であるということよりも、業種、仕事内容に向けるだといわれています。視点を変える事によって、貴方の可能性をグッと広げることになるのです。その時の状況にもよると思いますが、バイトすることで人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)が改善できる場合もあるでしょう。当り前ですが、人とできる限り接しないバイトを選んでちょっとずつ人見知り(仕事は普通にできるのに、プライベートでは人見知りという人もいるようです)を矯正していくのも良いと思います。逆に、思い切って人見知り(仕事は普通にできるのに、プライベートでは人見知りという人もいるようです)をしていられないような環境に自分を置くのもよいかもしれませんー